週刊こーひーコラム「プロのつぶやき」

No.1017【さかもとこーひーの26年を振り返る】

8月も終わりになってきて・・・朝、涼しさを感じるようになりました・・・最も焙煎した豆を本店からおゆみ野店に運ぶ9時10時にはムッとした暑さに疲れますが・・・日々、焙煎の火力が変わっていきます。

8/10、中野サンプラザ山下達郎コンサートに行きましたが・・・入場して、客入れのドゥーワップのBGMを聴きながら・・・パンフレットを開くのが何よりの楽しみなんです。

で、今年のツアーパンフレットの対談が・・・日本画家の千住博さんでした。達郎より5才年下だそうで、僕より2才下の同世代・・・40年くらいの筋金入りの達郎ファンということです。

千住さんの作品や日本画の岩絵の具の美しさ、和紙の話しから・・・そういった素材や道具を作る職人さんと広がり・・・10代でヤクルトホールのシュガーベイブ(達郎のデビューバンド)を観ていた頃・・・大人たちがビジネスでやっている音楽とそうでないものを、10代の、特に芸術を勉強しているような少年少女たちは、たぶん、その辺を簡単に見抜くんですよって話になりました・・・もっと、こうすれば売れるのに、というのはおそらくご本人が百も承知だったと思うんだけどと・・・膝ポンでしたねー・・・プロなので、売れなきゃ話しにならないけど・・・なんでもかんでも売れればいいわけじゃないし・・・自分にとってちょうど良い売れ具合とかありますからね。

自家焙煎店でも・・・自分の目指すクオリティや魅力にちょうど良い規模ってあります。売れなくてもクオリティ上げられないし、お客さん少ないとお届けする魅力の幅が狭くなります。規模が大きくなりすぎても、クオリティの維持が難しいし・・・不特定多数のお客さん増えて、価値や魅力の共有が難しくなります。

達郎は2000人規模のコンサートを毎年50本とかやって、満員御礼、その規模でないと出来ない演奏があるそうなので、そういう話しを知ると自分の商いと通じるものがあって・・・励みになりますね。(武道館アリーナドームとかではライブしないですしね・・・武道館やアリーナの方が利益性良いみたいですけど(笑))

そんなこんなで・・・さかもとこーひー26年を振り返りたいのですが・・・自宅のガレージに入口や棚、作業台作って、電気ガス引いて、焙煎機入れて、電話入れて、車1台分3坪でのスタートでした。

自宅は通りに面していなくて、自宅の奥は行き止まりでしたし・・・近所は田んぼや畑が残り、若い人は少なく年寄りばかり・・・来店は期待できません・・・そんな場所なんで配達してました・・・夕方に千葉から四街道へ、そしてあすみが丘、おゆみ野へぐるっと回って帰ってきてました。
配達の量が増えたら宅配に切り替えて、ネットの時代になってHP作って・・・今の本店に移転したのが11年前、そして昨年おゆみ野店を支店として出しました。

そんな場所でどうやってお客さん増えたのか?・・・今でも続けている「こーひーレッスン」ですね・・・最初はサンケイリビングさんが主催で開催してくださって・・・そこに参加した方がご自宅や生協、学校幼稚園等に呼んでくれて・・・そこから徐々につながって広がって・・・まずは自分で配達して回ってました。

最初の6年はスペシャルティコーヒー以前の自家焙煎店・・・スペシャルティコーヒーに出会って20年・・・毎年のようにアメリカのSCAAカンファレンスに行ったり・・・産地訪問したり・・・息子も産地に行かせています。

まぁ、商売を大きくするとかいう欲が欠けているので・・・職人として腕を磨いて、それで子供育てて・・・美味しいもの食べて飲んで・・・好きな時にライブ行ったり落語行ったり・・・そんな暮らしや商売が理想でした。

変わらないのは「コーヒーのある暮らし」を届けたいということですね・・・「ホームこーひー」です。

スタートが、紅茶専門店で喫茶店でしたので、毎日朝から晩まで、1杯1杯紅茶を淹れていましたが・・・紅茶はそもそも家庭のものだという意識が強かったんです。

その延長で・・・コーヒーも家庭でのコーヒーのお店をしようと思ってさかもとこーひー開店したんです。昔も今も、自家焙煎店というと・・・喫茶カフェもして、豆売りもしてってお店が多いです。

拡大意欲が無くても・・・食べて、子供を育てられないようでは困りますし・・・仕事のクオリティも上げられませんし・・・常連さんにより魅力的な価値のあるこーひーをお届け出来ませんので・・・商売についてもかなり学びました。

まぁ、職人としての自分を生かす経営者としての自分が力不足だったので・・・なんとか職人としての自分を生かせる経営者のレベルを目指したんです。

コーヒーのビジネスしようとしたら・・・自家焙煎店は喫茶カフェも豆売りもする店が多いです。しかし、カフェは飲食店・・・豆売りは製造小売店で・・・全く違う商売なんです。

自分がお客として、自家焙煎店に行って、豆だけ買おうとすると結構待たされたり、選びづらかったり、ゆっくりと説明聞けなかったりすることがあったので・・・ママさん達はもっと買いづらいだろうなぁーとも感じていました。

コーヒー業界は・・・元々喫茶店メインなので、飲食業の体質なんです・・・ロースターは卸がメインでBtoBで、これはBtoCの小売とは違うビジネスです。

それを、個人店レベルの自家焙煎店が飲食も小売も卸もっていう店が多いんですね・・・これってまともな経営だと戦力分散と言って、経営資源の少ない個人店が避けなければいけないことなんです。昔の自家焙煎店は喫茶メインで、豆は分けてやるって感じの店が多かったですしね〜。

よく言われる・・・選択と集中ですね・・・まぁ、選択するには細分化が必要で・・・その細分化のレベルが経営に大きな影響を与えると思っています。

自家焙煎の先輩リーダー達は・・・小売は売れないと本や雑誌に書いてますから困ったものです・・・売れないのでは無くて、売れるノウハウを持っていないだけなのに・・・カフェと豆売りしている店は豆売りは苦労してますね・・・焙煎量多い店は、店主に営業力あって、卸が多い店でしょうね。卸は・・・まぁ、さかもとこーひーもおかげさまで増えていて「ホームタウンこーひー」と言ってますが・・・家庭向けとは違いますので、両立はハードル高いです。

まぁ、カフェはお店作ったらとりあえずお客さん来てくれるのでやりやすいんですが・・・ビーンズショップは客層狭いので、開店しても気軽にお客さん来てくれませんから、常連さん増えるまでほんと大変です・・・常連さん増える仕組みが大切ですし。

なので・・・スタバはビーンズショップからカフェになって・・・世界的チェーンへ拡大しました・・・逆にビーンズショップは成長や拡大しにくいので・・・大手も本気にならないということもあります。

カフェは500店舗クラス以上のチェーン店目指すんなら良いのですが、個人店は条件悪いと思ってます。若い時はまだ良いのですが・・・トレンドは移り変わるし・・・自分は年とるし・・・毎年毎年の積み重ねが難しいんです・・・ビーンズショップは、勿論自分もお客さんも年とりますが、毎年常連さんが増えると積み重ねになります。それが宝になるし・・・商売の安定にも繋がります・・・最初の数年はとっても厳しいですが・・・だからこそ競合が少ないです。

何書こうとしていたんだっけ・・・そうそう「大人たちがビジネスでやっている音楽とそうでないもの」につながります。まぁ、大人を通り過ぎてじじいの年になってしまいましたが・・・なんとか生活できて、息子二人が後継いで、常連さんに恵まれて・・・初心の「コーヒーのある暮らし」から「ホームこーひー」「ホームタウンこーひー」へと進めていると思っています。

今日はおゆみ野店で「SUKEROKU & こーひー」ワークショップです・・・干瓢巻きにおいなりさん、お寿司屋さんの卵焼き、そしてわらび餅にこーひーを合わせます。スペシャルティコーヒーの可能性はまだまだ広がりそうです。

今度は「さかもとこーひーの焙煎26年を振り返る」を書いてみようと思っています。

そうそう・・・最近カフェやビーンズショップは女性向きの商売だなぁ〜とつくづく思っています・・・雰囲気違うんですよねー。

 

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。


・・・

*グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。
 メニュー小分け袋等、人数分同封いたします。

・・・

【選べるSセット】(税抜き表示になりました。)

1000円/250g〜の豆3袋以上で、セット価格、1000円/250gになります。 (同じ豆でもOK、各250g)
オークションこーひー等1800円/250g〜の豆は、「1000円+500円」になります、お楽しみください。

グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。メニュー等、人数分同封いたします。ギフトにもご利用しやすいと思います。手さげ袋ギフトラッピング(小1〜2個用、大3〜4個用、無料)もご利用ください。分かりにくい点ご質問等ありましたら、お気軽にお尋ねください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《はじまりの秋》
《ベラ・ノッテ》
《ペーパームーン》

他1000円/250g〜の豆から選べます。

 

【トレジャーズセット】250g×3袋

さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《はじまりの秋》
《ペーパームーン 》

4000円(税抜き)

 

【《旬・瞬》Cセット】250g×3袋

毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《ベラ・ノッテ》
《ペーパームーン》
《ブラジルクラシクス 》

3000円(税抜き)

 

【深煎り定番Bセット】250g×3袋

深煎り定番こーひーと、《旬・瞬》な深煎りこーひーの組み合わせで、毎月内容を変えていきます。

《ベラ・ノッテ》
《カフェノワール》
《深煎りコロンビア 》

3000円(税抜き)

 

【ジョイセット】100g×5袋

お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《はじまりの秋》
《ベラ・ノッテ》
《ペーパームーン》
《ブラジル・ペドラレドンダ》

3000円(税抜き)


 

・・・はじめてのさかもとこーひー(通販専用)・・・

【はじめてのAセット】100g×5袋

さかもとこーひーはじめての方向けのセットです。その月の最高峰、お勧めこーひーをはじめての方限定のお試しセットにしています、お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《はじまりの秋》
《ベラ・ノッテ》
《ペーパームーン》
《ブラジル・ペドラレドンダ》

2500円(税抜き、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。通販専用です。)


・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大2〜4個用、小1個用、無料)がご好評です。
・・・

【毎月お届けコース】

・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
【代金引換払い】ご希望の方はお知らせください。
4000円以上、代引き手数料無料
4000円未満、代引き手数料200円
・・・
クール便(冷蔵、200円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2019年8月25日 坂本・丁寧な暮らし・孝文