週刊こーひーコラム「プロのつぶやき」

No.893【コーヒーが追いつかない】

千葉のこの辺では、まだ桜が咲いていません…4月になったのに…今朝も4℃で寒いです。まぁ、昼間は多少ぽかぽかになるようですが。先週の日曜日は達郎の群馬前橋公演に車で行ってきました。休憩とっても3時間…けっこう近いですね…やはりある曲の照明が素晴らしく…曲と歌と難波さんのピアノをその照明がマッチしてうっとりしてきました。次は立川談笑師の独演会と達郎の神奈川県民が待っています…仕事とライブを楽しみます。

今日は4回目のおゆみ野大多喜ガスショールームでもBeEマーケットに参加してきます。大多喜ガスさんの展示会での試飲販売も2回参加していますので…去年の秋から6回目の試飲と販売になります。

さかもとこーひーのお客様が一番多いのがおゆみ野ですので…常連さんが顔出してくれて試飲こーひーを飲みにきてくれるのが嬉しいです。基本内気内弁慶な性格ですので…店やこーひーレッスンといった自分のリングだと良いんですが…見知らぬ人が多い場所はあまり得意では無いんです…なので、常連さんがいらしてくれるとリラックスして嬉しいです。

販売よりも試飲こーひーをたくさんの人に飲んで欲しくて参加しているのですが…地域でさかもとこーひーの名前は知っていたりしても飲んだこと無いと…いくらこういうこーひーだと話したり書いたりしてもなかなか伝わらないんですよね。試飲であっても実際に飲んでもらうのが一番です。

このBeEマーケットには雑貨屋さんやお弁当やパンやケーキ屋さん…外にはキッチンカーも来るし野菜も売っていたりして賑わうんです。さかもとこーひー常連の奥さんのケーキ屋さんもされるし…手が空くと他の店覗いたりして楽しいです。

そうそう…ママさんがパンやケーキのレッスンしたり…ケーキ屋さんしたり…カフェしたり…最近増えてきた感じです。ケーキ屋さんは勿論、カフェやレストラン、パン屋さん…さらに家庭手作りのケーキやデザートやパンのレベルアップを感じています。

さかもとこーひーの常連さんにはパンやケーキの先生が何人もいらして、時々差し入れで頂きますが、どれもとっても美味しい、しかも、それぞれの先生の個性の違いが楽しくて、タイプは色々なんですが…それぞれに魅力的なんですね。

30年前40年前と比べると全く別世界ですが、10年前と比べても魅力的で、クオリティアップし、レベルアップしているように感じます。

そこでです…コーヒーが追いついていない。

旧来のコーヒーは勿論、最近メディアをにぎわせているサードウエイブ(本来のサードウエイブと少し違うと思ってますが…。)といった浅煎りで、ほんのり香りはするけど味わいの弱いタイプ(素材はまあまあ良くても、実は焙煎に問題ありが目立つ)ではそのような魅力的なデザートやケーキ、パンには追いついていないと感じています。

牛乳やバター、チーズやチョコレートに粉にフルーツやナッツ…そういった素材をより魅力的にするにはコーヒーの魅力的できれいな酸味がポイントになってきます。勿論、多くの人が嫌うコーヒーの酸っぱみの酸味ではありません。円やかな味わいや甘さを引き立てる質の良い酸味です…コーヒーはフルーツだ!ですから、甘さと酸味のバランスがとっても大切です。

さかもとこーひーを使ってくださっている新倹見川のプリミティーボさんでのランチのデザートが…チーズケーキに完熟バナナのジェラート、イチゴにグレープフルーツだったのですが…完熟バナナのジェラートがバナナの風味を生かしながら爽やかなジェラートになっていて流石だなーと思いました…そこにこーひーが合うんですねー。

僕が週に何度も通ってしまう千葉市新宿のタポスコーヒーのゴマと金柑のタルトは…タルトの生地のサクッとした美味しさと胡麻と金柑が和風にならず見事に魅力的なタルトになっていました。ドリップのコスタリカ・ロサンゼルスがよく合いました。

千葉虎屋さんの桜おはぎは十八穀米の味わいと上品なこし餡が見事におはぎになっていて塩漬けの桜もアクセントになりびっくりな美味しさでした…勿論、ゆすらカフェがドンピシャに合いました。

あるカフェで出されたデザートがガトーショコラにフランボワーズ、ナッツのヌガーにキャラメルのソーズとそれらが渾然一体となってバランス良くって…それぞれの魅力を引き立てるにはミモザカフェが良いと数日後差し入れしてしまいました。

そういったデザートはサンク・オ・ピエではいつものことで…4月5月のコースのデザートは…イチゴのムースグラッセ木イチゴのソース、杏子のケーキ、コアントローの生チョコパヴェと…イチゴ、木イチゴ、杏、コアントロー、チョコレート…専用のブレンドを作っていたら…グアテマラ・ラリベルタッド、グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン、コスタリカ・シンリミテスとなんとも贅沢なブレンドに仕上がりました。

家庭でのこーひー…カフェやレストランのデザートを引き立てるこーひー…まだまだ楽しみがいっぱいです。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。

 

・・・
*グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。
 メニュー小分け袋等、人数分同封いたします。

・・・

【選べるSセット】(税抜き表示になりました。)

1000円/250g〜の豆3袋以上で、セット価格、1000円/250gになります。 (同じ豆でもOK、各250g)
オークションこーひー等1800円/250g〜の豆は、「1000円+500円」になります、お楽しみください。

グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。メニュー等、人数分同封いたします。ギフトにもご利用しやすいと思います。手さげ袋ギフトラッピング(小1〜2個用、大3〜4個用、無料)もご利用ください。分かりにくい点ご質問等ありましたら、お気軽にお尋ねください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《グアテマラ・ラリベルタッド》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《コスタリカ・シンリミテス》
《ブラジル・クラシクス》

他1000円/250g〜の豆から選べます。

 

【トレジャーズセット】200g×3袋

さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン/200g》
《グアテマラ・ラリベルタッド/200g》
《コスタリカ・シンリミテス/200g》

4000円(税抜き)

 

【《旬・瞬》Cセット】250g×1袋、200g×2袋

毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《グアテマラ・ラリベルタッド/200g》
《コスタリカ・ロサンゼルス/200g》
《桜ぼんぼりカフェ》

3000円(税抜き)

 

【深煎り定番Bセット】250g×3袋

深煎り定番こーひーと、《旬・瞬》な深煎りこーひーの組み合わせで、毎月内容を変えていきます。

《ミモザカフェ》
《深煎りグアテマラ》
《深煎りコスタリカ》

3000円(税抜き)

 

【ジョイセット】100g×5袋

お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《グアテマラ・ラリベルタッド》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《桜ぼんぼりカフェ》
《ミモザカフェ》

3000円(税抜き)


 

・・・はじめてのさかもとこーひー(通販専用)・・・

【はじめてのAセット】100g×5袋

さかもとこーひーはじめての方向けのセットです。その月の最高峰、お勧めこーひーをはじめての方限定のお試しセットにしています、お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・ブルボン》
《グアテマラ・ラリベルタッド》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《桜ぼんぼりカフェ》
《ミモザカフェ》

2500円(税抜き、送料・無料、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。通販専用です。)


・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大2〜4個用、小1個用、無料)がご好評です。
・・・

【毎月お届けコース】

・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
いつでも♪《3500円以上(コーヒー)で送料無料!》(2013年1月から)
・・・
【代金引換払い】ご希望の方はお知らせください。
4000円以上、代引き手数料無料
4000円未満、代引き手数料200円
・・・
クール便(冷蔵、200円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2017年4月2日 坂本・丁寧な暮らし・孝文