週刊こーひーコラム「プロのつぶやき」

No.1000【プロのつぶやき1000回記念・その1】

(2019年4月から本店の営業時間が変わります。)

-本店 11:00〜17:00 定休日:月曜日

-おゆみ野店 10:00〜18:00 定休日:月曜日

・・・・・・

10連休のGWに入りました・・・さかもとこーひーは何も変わらず月曜日定休日だけです・・・倉庫からの生豆の配送が2週間程休みなので本店の生豆在庫が大変なことになっています。

そして、平成から令和へと時代が移っていきます・・・昭和30年生まれとしては、子供の頃明治生まれのおじいさんのような昭和生まれの頑固爺いにきちんとなるしかありません(笑)

そんなこんなで・・・プロのつぶやき1000回記念になります。

こういう話しになると・・・マメですねーとか、何を書いているんですかー?とか呆れたように言われることが時々あります。

10代の時の夢が3つありまして・・・まぁ、高校に入る頃には組織ではやっていけない自分を自覚しましたのと、職人への憧れがあったのと、美味しいものが好きだったので・・・飲食の仕事がいいかなと・・・しかし、手先は不器用だし、徒弟制度だと先輩とやりあってしまいそうで・・・残されたのが喫茶で・・・喫茶店で気楽で自由で良さそうなんで・・・喫茶店をやることがひとつでした。

あとは、活字中毒だったんですが、小説家になれないのはすぐわかり、コラムも好きだったのでコラムニストとか・・・締切のある仕事ってカッコいいなと・・・もうひとつ、解説者って好き勝手にあーだこうだと喋っているだけのように感じたので、物心ついた頃から親やおじさんおばさんからお前は理屈っぽいと言われていたので、解説者もいいなぁーと思ってたんです(笑)

で、紅茶の店テ・カーマリーで独立して、業界誌の取材も受けるようになって・・・編集の人と知り合うと・・・編集者って、コーヒーや紅茶の本質よりも、如何に雑誌が売れるかが重要なんだと言う当たり前のことも知り・・・そうこうしているうちにインターネットが始まり、自分でホームページを持てる時代になって・・・これで、自分で締切を作って、自分でコラムを書けるメディアを持てると・・・ならば、毎週コーヒー関連でコラムを書こうと決めて、1000回を迎えました。

まぁ、3つの夢が実現したようなものですね(笑)

そうは言っても・・・毎週毎週書くのは大変とよく言われます・・・で、大切にしていることが2つあります。

黒澤監督は助監督時代、脚本を毎晩1ページ書けば、年350枚の本になると・・・なので脚本を書くように監督から言われたそうですが・・・そのころの助監督はみんな同じそうですが・・・結局それを実行したのは黒澤監督だけだったそうです。

それを見習って・・・毎週書けば1000回くらいはいけるかな?と思ったら・・・1000回になってしまいました。

あと、山本夏彦さんの「世は締切」も好きなんです・・・で、締切に追われるのではなくて・・・人生でも、仕事でも、自分で締切を作ろうと心がけています。

最近は目が悪くて長く本を読めませんが・・・若い頃は一人の作家を好きになると・・・デビュー作までさかのぼってほぼ全作品をむさぼり読んでました。ある時気がついたんです・・・どの作家も結局書いているテーマは3つくらいで・・そのテーマを手を変え足を変えてあらゆる角度から書いているんだと。

すると・・・プロのつぶやきも同じことをその時々で書けばいいだけだと思うと・・・気が楽になって・・・1000回です。

そんなこんなで1000回なんですが・・・まぁ、いつものことですが、さかもとこーひーはホームこーひーとホームタウンこーひーを柱にしています。

そして、「コーヒーはフルーツだ」と言うことで・・・農産物としてのコーヒー・・・そして、焙煎はローストであり、調理、干熱調理と言うことをベースにしています。

で、抽出について専門店でもメディアでも昔から熱心に語られていますが・・・さかもとこーひーの抽出はカフェプレスでも、ドリップでも、コーヒーメーカーでも良いのですが・・・細挽き、95°以上の熱湯、ドリップは蒸らし無し、豆は少なめで・・・こんなこと言うお店少ないので、伝えるのにエネルギー使ってます。

これは、カッピング、コーヒーのテイスティングと同じなんです。生産者、輸出業者、輸入業者、ロースター、バリスタと基本同じメソッドでカッピングしています。

まぁ、カッピングはコーヒーのスペックを評価するものですが・・・欠点や魅力を評価しやすい抽出になっています。なので、カッピングで欠点なくて魅力的だったら・・・カッピングの抽出と同じようにすれば良いだけだと思っています。

勿論、その店の特別な淹れ方があっても良いのですが・・・それだと、家庭ではなかなか難しい・・・まぁ抽出マニアには楽しいでしょうが・・・さかもとこーひーはホームこーひーがテーマですから・・・コーヒーメーカーでもカフェプレスでもドリップでも家庭で気軽に美味しいこーひーを楽しんで欲しいのです。

と、いうことで長くなりました・・・来週のプロのつぶやき1001回記念に続きます・・・スペシャルティコーヒーの美味しさや可能性に進みたいと思っています。

さかもとこーひーは「部屋中にひろがる香りと後味の美味しさ」を大切にしています。


・・・

*グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。
 メニュー小分け袋等、人数分同封いたします。

・・・

【選べるSセット】(税抜き表示になりました。)

1000円/250g〜の豆3袋以上で、セット価格、1000円/250gになります。 (同じ豆でもOK、各250g)
オークションこーひー等1800円/250g〜の豆は、「1000円+500円」になります、お楽しみください。

グループでのご注文の際は、人数をお知らせください。メニュー等、人数分同封いたします。ギフトにもご利用しやすいと思います。手さげ袋ギフトラッピング(小1〜2個用、大3〜4個用、無料)もご利用ください。分かりにくい点ご質問等ありましたら、お気軽にお尋ねください。

《グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス 》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《夏への扉》
《スプラッシュカフェ》
《はじまりの春》
《カフェアダジオ》

他1000円/250g〜の豆から選べます。

 

【トレジャーズセット】250g×3袋

さかもとこーひーのお宝コーヒーセットです。お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《レディートラベラー》

4000円(税抜き)

 

【《旬・瞬》Cセット】250g×3袋

毎月さかもとこーひーの一番人気のセットです。お楽しみください。

《夏への扉》
《スプラッシュカフェ》
《タンザニア・ムベヤ》

3000円(税抜き)

 

【深煎り定番Bセット】250g×3袋

深煎り定番こーひーと、《旬・瞬》な深煎りこーひーの組み合わせで、毎月内容を変えていきます。

《スプラッシュカフェ》
《特上フレンチ》
《カフェボッサ》

3000円(税抜き)

 

【ジョイセット】100g×5袋

お陰さまでご好評頂いてすっかり定着したジョイセットです。さかもとこーひーの何がお好みか判らない方やギフトで先方のお好みが判らない等、迷った時にこの「ジョイセット」を選ばれることも多いようです。

「うちは量はそれほど飲めないんだけども、色々なこーひーを楽しみたいのね。それで、いつも何を頼もうか悩んでしまうの!」…そんな声を今迄たくさん頂いてきました。[いい感じの苦味系]と[軽やか系]に分けて、それぞれのお好みに合うよう新しいこーひーを毎月出して、セットにしてきましたが…でも、全部頼もうとすると量が多くなってしまう…そんなみなさんの声にお応えします。

その時の《旬・瞬》なお勧めこーひー100gを5種類、セットにしました。(手さげギフト袋(小1-2個用、大3-4個用、無料))

《グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《モカ・イルガチェフェ(ハマ)》
《夏への扉》
《スプラッシュカフェ》

3000円(税抜き)


 

・・・はじめてのさかもとこーひー(通販専用)・・・

【はじめてのAセット】100g×5袋

さかもとこーひーはじめての方向けのセットです。その月の最高峰、お勧めこーひーをはじめての方限定のお試しセットにしています、お楽しみください。

《グアテマラ・エルインヘルト・イエローナンス》
《コスタリカ・ロサンゼルス》
《モカ・イルガチェフェ(ハマ)》
《夏への扉》
《スプラッシュカフェ》

2500円(税抜き、さかもとこーひー初めての方限定、ギフトはご遠慮ください。通販専用です。)


・・・

では、また・・・。

・・・
*要注意!…さかもとこーひーのコツは…
[挽きは細かく]
[粉の量は少なく]…です!
・・・
手さげ袋ギフトラッピング
(大2〜4個用、小1個用、無料)がご好評です。
・・・

【毎月お届けコース】

・お届けの量やご予算、お好み等お知らせください。勿論セットでも大丈夫です。セットにプラスしても大丈夫です。価格、送料等は通常のお届けと同じです。(最初はメールでご相談してください)
・・・
【代金引換払い】ご希望の方はお知らせください。
4000円以上、代引き手数料無料
4000円未満、代引き手数料200円
・・・
クール便(冷蔵、200円)ご希望の方は、連絡欄でお申し付けください。

【何を買ったら良いのか?お勧めは?その他ご質問等お気軽にメールしてください、お待ちしてます。】

【お願い】
冷凍保存した豆や粉を取り出したら、何よりも直ぐに!!袋を元の冷凍庫に戻してください。
冷凍、解凍の繰り返しは劣化を早めます。ジッパー付き袋をその為に使っています。
(豆は2週間以内でしたら、常温保存をお勧めします。粉は必ず冷凍保存をお願いします。)

《コーヒーはフルーツだ!》

2019年4月28日 坂本・丁寧な暮らし・孝文